小さな癌も高い精度で。
早期発見 『PET検診』 ( 1日間 )

 癌の早期発見。 PETは小さな癌も高い精度で発見します。
 現在、日本における死亡原因の第一位は癌です。しかし【癌=死病】ではなく、がんと言えども小さなうちに発見し適切な治療を施せば、多くの場合は治すことの出来る疾患です。
世界最新のPETはがんが糖分を大量に消費する性質を利用しています。糖に特別な光(放射線)を出す物質を組み込んだ薬剤(FDG)を注射すると、がんの病巣に多く集まり、光るようになります。その光を専用のPETカメラで撮影すればがんの場所、大きさが判明します。

 PET検査は、近年もっとも注目されている検査方法で、早期発見のみならず、がんの進行度合いも判定します。それにより治療方針を立てたり治療効果を時間を追って判定するなど医療面でも大きな力を発揮しています。